あごにできる「にきび」とは?

「にきび」とは、皮脂が発生しやすい部位にできます。
とくに、Tゾーンや鼻の周りにできやすい。
あごは汗をあまりかきません。
ところが、あごにもできることがあります。
あごは、皮脂腺が多く皮脂が詰まりやすい、乾燥しやすい部位です。

お肌に悩んでいる人にとって、意外かもしれません。
あごまわりは、実はニキビのできやすい部位なのです。
あごにできる「にきび」手で触ったり毛先が当たると雑菌が付きやすい。
あごにきびができると治りにくい。
繰り返しできやすいという特徴が挙げられます。
思春期にできるものとは違い、大人にきびの一つと考えられています。

あの口コミで話題の【あご・フェイスラインにきび】専用ジェル
「MELLINE~メルライン~」
汗をかかず、乾燥しやすい「あご・フェイスライン」の為の専用ジェル
保湿成分、潤い成分をたっぷり、健康な肌サイクルのために。





あごにきびの原因について、詳しく紹介!

原因その1:にきびができるホルモンバランスの影響
あごにきびの原因として最初に挙げられるのがホルモンバランスの影響。
女性の場合は、周期によってホルモンバランスが変化する。
あごにきび肌のコンディションも周期により変化してしまいます。
女性ホルモン「黄体ホルモン(プロゲステロン)」皮脂の分泌を活発にする。

男性の場合は、女性のような変化はありません。
もともと男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量は多くなります。
あご周辺はヒゲが生えるため、剃刀によって肌が傷つけられやすい。
皮脂線の分布も多いことから、汚れやすく皮脂汚れが詰まりやすい。

男女に共通してホルモンバランスが乱れる原因もあります。
ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れ環境の変化が挙げられます。
ストレスを感じるとステロイドホルモンの分泌が促進される。
さらには男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が促進されます。
ステロイドホルモンも男性ホルモンも、皮脂の分泌を増加させる。

原因その2:にきびができる間違ったスキンケア
フェイシャルのスキンケアは、毎日しっかりしている?
あごやフェイスラインは、手入れが行き届いていない場合もあります。
すすぎ不足で洗顔料が顎に残っていたりすることもあります。
保湿化粧品がフェイスラインまで、しっかり塗っていない。
心当たりがあるなら、気をつけましょう。

あごにきびができているのに、洗顔にしっかり皮脂汚れが落とせていない。
これでは、あごにきびを繰り返す原因となります。
男性の場合は、髭剃り後の保湿ケアを怠ってる。
洗顔で皮脂汚れが落とせていないことが原因の場合もあります。

保湿不足が原因となることもあります。
皮脂の過剰分泌の原因が、肌の乾燥であることもあります。
洗顔をきちんとしていても、保湿ができていない。
肌の内側が乾燥している「インナードライ」の状態を招く。
これでは、皮脂分泌をさらに過剰にしてしまいます。

原因その3:にきびができるその他の原因
紫外線の影響も侮れません。
顎は紫外線にさらされやすい部位でもあります。
紫外線対策が不十分になりがちな部位でもありますね。

外部からの刺激という意味では、紫外線以外にもあります。
衣類の摩擦や手で触れることで雑菌が繁殖しやすい環境ができることもある。
他にも、内臓の働きが低下、冷え性が原因もあります。
関係ないように見えますが、原因を突き止めるにはすべてを見る必要があります。
日常生活の体調全般、生活全般に目を向けてみるとよいでしょう。

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|