ニキビ跡 赤み

ニキビ跡 赤みとは!?

ニキビになるとよくできるのが、にきび跡の赤みです。
にきび跡の赤みは、白いのとは違い注意が必要です。
しっかり赤み治療をするようにしないといけません。
ニキビが跡に発展してしまう場合があります。

赤みは、白いのと同じく毛穴に皮脂がつまった状態がさらにひどくなったもの。
赤みはさらに、皮脂だけでなく、アカや菌が入ってしまうことでも起こります。
赤みになる原因は、アクネ菌という菌です。
アクネ菌は、皮脂やアカをエサにさらに活発になってしまいます。
この菌によって白いにきびが炎症を起こし、赤みとして腫れ上がるのです。
にきびの恐ろしいところは、キレイな皮膚にも広がり影響を及ぼしてしまう。
コレが酷くなると、跡になってしまったりする。

赤みにならないように、皮膚を清潔にするよう心がけなくてはなりません。
白いにきびのときと同じく、ひっかいたり、潰したりして傷をつけてはいけない。
もし傷をつけると、皮膚の被害が拡大することがあります。
かえってひどくなることになるので絶対にやめましょう。
赤みは、その程度によって治療をしましょう。

被害が低いにきびなら、洗顔を丁寧にしましょう。
最初は、被害が広がるのを防ぐことから始めます。
ひどい場合には、効果のある洗顔料に変えるほうが効果的です。
それでも治らない場合は、外用薬を使用し徹底的に治しましょう。
大人ニキビに関しては、メイクも大きく影響してきます。
化粧品によっては、油分が多いものがあります。
自然由来の化粧品を使うようにしましょう。





ポツンとした膨らみはひいたけれど・・・
赤み、薄茶色をしていて目立つ跡や色素沈着。
メイクでも隠し切れない赤みや跡に悩まされている?



ニキビの置き土産、赤みや跡、色素沈着を早く薄く治す

ニキビの芯や痛みがなくなり、肌は平らに戻った。
それでも表面に残る赤みや色素沈着をした跡。
ファンデーションでも隠し切れず、本当に厄介で困りもの。

この跡は、ニキビ炎症から肌を守るために自らメラニンを作り出した。
それが色素沈着や赤みになった状態。
メラニンがうまく排出できれば、赤みや色素沈着は次第に薄くなるのです。
ただ人によっては、ずっと赤みや色素沈着と跡が残ったままということも。

ずっと跡が残るなんて、1日も早く跡を薄くするため。
キレイになる習慣を心がけましょう。

赤みや色素沈着と跡を早く薄くする方法。

1.紫外線対策をする
跡ができている肌は、外からの刺激に敏感です。
とくに太陽、紫外線には要注意!
赤みや色素沈着と跡がさらに濃くならないようにします。
紫外線対策を万全にしましょう。

2.体を温める
体が温まり血行が良くなると、多くの栄養と酸素が肌細胞へ供給される。
肌の生まれ変わり、ターンオーバーが促進されます。
新陳代謝が正常に行われると、メラニンを排出できる。
赤みや色素沈着と跡が薄くなっていくのです。
新陳代謝を促すために、体を温めることが大事。
そのためにも、ウォーキングをする、湯船につかる。
体が柔らかくなるエクササイズをすると効果的です。

3.栄養バランスを見直す
体が温まる食材を積極的に口にします。
赤みや色素沈着の改善に栄養バランスを見直すことが重要。
・タンパク質(新陳代謝を円滑)・・・卵、肉、魚、大豆食品
・ビタミンA(皮膚の健康維持に)・・・緑黄色野菜、チーズ
・ビタミンB群(皮脂分泌、再生機能を高く)・豚肉、卵、大豆食品、レバー、バナナ
・ビタミンC(美白)・・・キウイ、イチゴ、ブロッコリー、小松菜

4.メイクは帰宅したらスグ落とす
22時~2時までに眠ると、成長ホルモンがたっぷり分泌されます。
メイクは帰宅したらスグ落として早くベッドに入る、
お肌の回復力を高めましょう。

5.ツボを押す
小指の第一関節の中央にある”腎穴(じんけつ)”というツボを押す。
これは、ストレスの軽減、ホルモンバランスを整える、シミを薄くの効果が得られる。

嫌な赤みや色素沈着と跡を早く薄く撃退するため参考にしてみてください。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。