社会人なら押さえておきたいベピオゲル!にきび跡には!?

ベピオゲルとは、4月1日にマルホから販売開始された。
毛穴を角質が塞ぐ面皰から、炎症が起こった赤にきびまで改善する。
この薬は、もともと美容皮膚科でも使われていたものです。
ベピオゲルの有効成分は、過酸化ベンゾイル。
どんな効果があるのか?ベピオゲル気になるところ。

ベピオゲルの有効成分、過酸化ベンゾイルとは!?
にきびを作る菌を殺菌したり、毛穴の詰まりを防いでくれます。
ベピオゲルは、アクネ桿菌を分解する強力な殺菌作用がある。
1日1回、洗顔後にベピオゲルを塗布します。
赤にきびだけでなく、毛穴の詰まりがありそうなところにも塗る。
まんべんなく塗ることで、面皰を治療するだけではありません。
ベピオゲルは、にきびの予防にもつながります。
また早く治すことで、にきび跡やシミの予防も可能です
どうやら、にきび跡になる前の段階で使うもののようですね。

日本よりも、にきび治療を積極的に行なっている欧米。
ここで耐性菌が問題になり、抗生物質に対しての見直しが行なわれた。
耐性菌を作らない抗菌剤(過酸化ベンゾイル)としてベピオゲルが注目!
ベピオゲルの治療効果として、にきびに悩んでいる人に朗報ですね。
初期段階の毛穴を角質が塞いでいる面皰にも効く。
炎症が起こった赤にきびまで改善するベピオゲル。
いろんなタイプに効く抗菌薬として効果のある薬がベピオゲルだ。

重症の場合は、抗生物質とベピオゲルを併用することもある。
中程度までなら、ベピオゲル1つで治療可能だ。
ベピオゲルは、少し刺激が強いので、1日1回の用法用量を守ることが重要だ。

ベピオゲルを使うと、人によっては不快な症状がでるかもしれません。
皮膚が赤くなる、かさかさする、ピリピリするなどの症状が出ることもある。
とくに使用開始1か月以内に、これらの症状が出ることが多い。
こうなった場合は、2~3日使用を控えて治まったら使用を再開する。
しだいに皮膚が刺激に慣れてくるので、ベピオゲルを使い続けることが大切だ。






10分で理解するベピオゲルの前に「にきび跡」について

治療に入る前に、ここでしっかり「にきび跡」について理解しましょう。
にきびが出来た跡にシミやクレーター、凹凸で残る跡のこと。
完全に治療し終えるまで、時間も期間もかかります。
治っても少し跡が残ってしまうという問題もあります。

にきびを不潔なまま放置したり、にきびを気にしてひっかいたり。
にきびを傷つけたりすると、肌トラブルを生じてしまいます。
紫外線にあたることによって皮脂が酸化、それが刺激となり炎症を起こす。
これが原因で「にきび跡」ができてしまうケースもあります。
白にきびが「にきび跡」になる場合、毛穴に膿がたまる状態が白にきび。
これが悪化すると「にきび跡」になり、真皮まで傷つく。
こうなると、クレーター状の陥没した状態になりますね。

「にきび跡」になると、なかなか治りにくい。
触るとボコッとした感触になるのも気になります。

赤にきびについては、アクネ菌によって白にきびがさらに炎症して起こるもの。
さらに悪化すると、毛穴に存在するアクネ菌と皮脂が過剰になる。
つぶしてしまっても、シミのような跡が残ってしまう。(@_@;)
このシミのようになると、鏡で見ても目がいってしまい悩んでしまいますね。

スポンサードリンク
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »