ニキビ根本治療

ニキビにトレチノン酸で根本治療

トレチノン酸で根本治療ですが、あまり知らない方も多いでしょう。
この根本治療法は、日本ではほとんど浸透していません。
そのために健康保険の適用外になっているのです。
ただ、その効果は高いといわれています。

トレチノン酸には、外用薬、内用薬の両方があります。
欧米では、にきびの根本治療として、一般的な方法となっています。
ピーリングでも治りにくいものであっても根本治療できる。
とても優秀な根本治療法です。

トレチノン酸とは、ビタミンA誘導体でのこと。
体内にあらかじめ存在する成分ですので体にも害はありません。
アレルギーも起こさないのが特徴です。

トレチノン酸以外で似た使用をされるのがハイドロキノンです。
これはよくシミ対策に使われ、とくにアメリカでよく使用されます。
しかし、ハイドロキノンはトレチノン酸と違いいわゆる肌の漂白剤。
ハイドロきノンより、トレチノン酸で根本治療をとるほうが良いでしょう。

トレチノン酸は、他にもシミやそばかすにも用いることができます。
トレチノン酸の作用は、角質を剥がし、皮脂腺の働きを抑えます。
これが、にきびの原因である皮脂の分泌が抑えられるわけです。
価格は量によっても異なりますが、大体4000円から6000円程度。
外用薬の場合、使い方は塗るタイプになります。
日本では、あまりまだ浸透していない根本治療法です。
すべての皮膚科で根本治療が受けられるわけではありません。
お住まいの地域によっては、受けられない場合があるのが難点です。

肌にやさしく、毛穴に有効成分とうるおい
根本に集中して届けるニキビケア






ニキビにレーザーで根本治療

健康保険対象外ですが、にきび跡の根本治療として知られるレーザー。
レーザーで根本治療というと、にきび跡以外にも広く使われています。
多くの人も身近に感じられるのではないでしょうか?
にきび以外では、脱毛で医療レーザーがあります。
さまざまな波長のレーザーを照射して、皮膚をキレイにします。
これで、にきび跡を目立たなくする根本的な方法です。

レーザーで根本治療の工程としては、まずカウンセリングですね。
アナタの肌質や悩みをチェックします。
そのあと実際の根本治療に入る前に肌質をチェックをします。
大丈夫だとなったらレーザーを当てる部位に冷却ジェルを塗ります。
レーザーを当てると高温になるので、肌に負担をかけないため。
レーザーの浸透力を根本から高めるためです。
テスト照射を行ったあと、本照射を行います。
このとき、レーザーの光で目がやられないよう目隠しをします。
にきび跡がひどい、肌を若返らせたい人にオススメですね。

肌質が弱い人には、ソフトレーザーというものもあります。
どうしても痛みを感じるなら、専門家に相談してみると良いでしょう。
アクネ菌の殺菌効果もありますので、にきびの再発防止にもなります。
レーザーで根本治療の利点は、肌に傷がつかないこと。
レーザーを当てるだけですので安心できますね。
角質を剥がしたり溶かしたりするという刺激がありません。
キレイな肌になり副作用もありません。


レーザーは、とてもオススメです。
悪い点があまりないからです。
回数はかかりますが、他の根本治療でも回数や時間はかかります。
痛みは、人によって違いがあります。
パチンとゴムで弾かれたくらいの痛みです。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。