ニキビ 基礎知識

にきびはれっきとした病気です

にきびは「青春のシンボル」と若者の間の基礎知識としてよく聞かれます。
年代では、10代~20代でよく見られます。
年齢が若いこともあり、病気という基礎意識が薄く治療を怠ってしまいがちになります。
しかし、にきびは「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」とも呼ばれています。
はっきりいうと、基礎知識として病気なんです。
毛穴の炎症による皮膚病にあたります。
何も基礎的な手入れをせず、放っておけば悪化します。
もちろん、基礎として適切な処置をしておけば改善していきます。


早めの行動が肝心です

もし、にきびを治したいと思ったら・・思い立ったときに行動です。
住んでいる所から、近くの病院で治療してもらえる施設で診てもらいましょう。
基礎知識として、にきびはどうしてできるのか?
にきびの正体・・・それは「アクネ菌」です。
この菌は、もとから人の身体に存在しています。
本来は、ばい菌を寄せ付けない役割を果たしています。
しかし、酸素が少なく皮脂の多い部位では非常に繁殖しやすい性質を持っています。
これが、にきびができる基礎知識です。
皮脂の多い部位は、顔や胸、背中などが挙げられます。
顔の輪郭部分や胸の部分ににきびができて悩まされた覚えはありませんか?
多くの人が該当すると思います。
逆に、油が貯まりにくい手足にはできにくいと言われます。
「皮脂の多く出るところににきびができる」この基礎知識を頭に入れておきましょう。


にきびを侮ってはいけません

「にきびなんて大人になれば治るんだ」
「別に治療なんかしなくてもいいよね?」
なんて考えている人、にきびを放っておくのはダメです。
基礎的な手入れもせず放置していませんか?
薬も塗らず、基礎知識もなく、治るとおもっていませんか?
治療を考える前に、ケアをちゃんとしておかないと痕が残ってしまいます。
鏡で見ると、にきび痕ってみっともないですよね。
ひどい状態になると、なかなか消えないのが悩みの種です。
跡を防ぐためにも、早期から予防・治療しておく必要があります。
効果はすぐに表れないかもしれませんが、病院に行けば大丈夫です。
この機会に、にきびを防ぐ基礎の習慣をつけておきましょう。


多くの人が経験するお肌のトラブル

軽い症状も含めると、成人の90%以上がこの病気を経験していると言われます。
平均発症年齢は13歳から18歳程度が多いことから「青春のシンボル」と呼ばれます。
近年は成人の発症も多く、大人の悩みとして病院に通っている人がいます。
身近なトラブルだけに、医学的に正しい基礎知識を知らないまま自己流のケアをする人もいます。
間違った方法で悪化させたり、跡が残ってしまうケースも少なくありません。
自己流で後悔することがないように基礎知識を身に着けましょう。
まずは、基礎知識を正しく理解し、自分に合った対処法を見つけていきましょう。


アクネ菌は皮脂を好みます

毛穴の中に溜まった皮脂を栄養として増殖し、炎症を発生させます。
基礎の炎症がさらに悪化すると、赤くはれ上がって膿が溜まっていきます。
更に症状が悪化すると「嚢腫(のうしゅ)」になります。
たとえ炎症が治まっても、跡が残る場合もあります。
早期発見と早期のケアや治療が重要な基礎知識となります。
基礎としてシンプルにいうと、毛穴が詰まることが発生の原因です。



スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。