知識1:原因は、皮膚の炎症性疾患

肌の状態や体調は一人ひとり違い、多くのことが関係してると考えられます。
多くの要因が絡み合っているため、ひと言で断定することはできないのです。
そのため対処方法も様々で、どれが自分にあっているかは、参考になる知識をもとに試していく中で見つけていきましょう。


知識2:肌荒れは、毎日の生活と深い関係があります

・過度の精神的なストレス
 ストレス(特に精神的ストレス)と深い関係があります。
・不規則な食生活
 乱れた食生活は肌に悪影響となります。
・睡眠不足
 原因の一つに「睡眠」も大きく作用しているのです。
・便秘
 便秘がちな人は、肌荒れを起こしやすいようです。
・紫外線
 紫外線がしみやそばかす、皮膚がんの原因になるとはよくいわれます。
 ニキビの原因にもなることはあまり知られていないようです。
・不適切なスキンケア
 毎日行っているスキンケアも、肌荒れになることがあります。


知識3:正しい予防・対策

◯予備 知識1:正しい洗顔
洗顔のしすぎは逆効果。
洗顔のし過ぎは肌の乾燥をまねきます。
基本的には、朝と夜の2回にしましょう。
肌を清潔に保つことは重要です。
刺激を与えないように優しく丁寧に洗いましょう。
肌を傷めないように、クレイ洗顔などの優しい洗顔料を使う。
2分程度時間をかけて優しくマッサージしてあげましょう。

◯予備 知識2:紫外線対策
紫外線が原因になる場合もあります。
夏場は気を付けている人も多いと思います。
ただ紫外線は、多かれ少なかれ一年中浴びています。
冬場でも化粧下地には、UVケアできるものを使うなど工夫してみましょう。
紫外線を浴びると、毛穴の中に溜まっている皮脂は酸化を起こします。
活性酸素も発生することになり、皮膚の病状の悪化につながります。

◯予備 知識3:しっかりと保湿
肌が乾燥すると原因になる皮脂が多く分泌されてしまいます。
出来てしまったらあまり油分の多いクリームなどは避けたほうがいいです。
ただ、化粧水などはしっかりつけて保湿しましょう。
皮脂をひたすらとるだけでは、根本的な肌の改善にはつながりません。
保湿を無視したスキンケアを行っても、肌は改善しないのです。

◯予備 知識4:食事に気をつける
バランスのとれた食事は基本になります。
油分が多いものを食べ過ぎたり糖分をとりすぎると、原因になると言われています。
ビタミンCやレシチンを多く含む食材を摂るようにしましょう。
ビタミンCは数時間で体外に輩出されるので、一日に数回にわけて摂ると効果的です。
レシチンは肝臓での脂質の代謝には欠かせない存在で、肝機能を保護する役割も持っています。

◯予備 知識5:しっかり睡眠をとる
睡眠は心を安定させストレスを軽減させ、ホルモンバランスを整える効果があります。
毎日同じように睡眠時間を確保することが大切で、できるなら22時から2時のお肌のゴールデンタイムと言われる時間帯に眠る事。
寝不足になるとお肌を修復する機能も低下するので肌荒れができてしまうんです


知識4:肌荒れに効く食物

◯予備 知識1:牛乳
カルシウムやビタミンB2が含まれています。
他にビタミンB2が含まれている食材は
うなぎ、チーズ、青魚、卵、納豆、鳥・牛のレバー、など

◯予備 知識2:いわし等の小魚
小魚になビタミンB2やビタミンB6が含まれています。
他にビタミンB6が含まれている食材は
マグロ、鶏肉、カツオ、鶏レバー、イワシ、ブリ、じゃがいも、バナナ、アボカド など

◯予備 知識3:緑黄色野菜や果物
ビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCはコラーゲンの生成と保持を助ける栄養素です。
さつまいも、もやし、大根、じゃがいも、イチゴ、ミカン、かき、レモンなどの果物 など

◯予備 知識4:海苔やひじき
ミネラルや亜鉛もニキビ改善には重要な栄養素です。
海苔やひじきのような海藻類に多く含まれています。
ごま、干しエビ、のり、カボチャなどなにも含まれています。



スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |