どのようにしてニキビができるのか


ニキビ肌について説明していきましょう。

まず、肌サイクルという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

いろんな場面で使われることがあるこの言葉、肌は28日かけて生まれ変わります。

生まれ変わるといいますが、正確には肌が再生するといいます。



一番表面に見えている肌


日数を重ねていくごとに表面に見えている肌は、古くなっていきます。

古くなった表皮の下には、次に肌となる細胞があります。

日数を重ねると、古い表皮が剥がれ落ちるという仕組みです。

この剥がれ落ちる表皮が垢というわけです。





肌サイクルが正常なら


古い表皮が落ちてキレイな肌へ再生、このサイクルが乱れると大変です。

肌トラブルを起こす、皮脂の分泌が乱れる原因となります。

皮脂の分泌が乱れ過剰になると、毛穴につまってしまいます。

そうすると毛穴に常駐しているアクネ菌がその皮脂をエサに活発になり増えていきます。



ニキビの炎症


ニキビの炎症が起こると、あごのラインにできてニキビ跡が残ってしまいます。

さらに、ニキビ跡はシミのようになってしまい、他人の視線が気になります。

もちろん、治療も大切ですが、毎日のお手入れや肌サイクルを正常にを心掛けましょう。



スポンサードリンク
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »