大人ニキビ

大人になってからの原因

大人になってからの肌トラブルは、じつに多くの様々な要因によって引き起こされる。
生活や仕事における疲労や睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの崩れ。
外部要因としては、シャンプーや洗顔料、ボディーソープによる刺激、汗、紫外線。
内部要因としては、脂っぽいものや糖分の摂り過ぎがあります。
アルコールやカフェイン、辛いものなど刺激の多い食事やタバコも問題ありますね。

大人になったら皮膚科に相談やアドバイスを受けたいですね。
キレイな肌へ導くためには、治療とスキンケアの方法を知ることが大切です。


大人になってからの治療と対策

ストレスやホルモン異常、生活環境など様々な要因によって引き起こされる。
さらに、紫外線やタバコなどにより、皮膚内の活性酸素が増えることが悪化の要因。
まずは、それらを避ける生活を送ることが大切です。
ストレスをためずに日焼け止めを塗り、禁煙する。

他にも大人は、過剰な皮脂分泌、加齢によるターンオーバーの乱れがあります。
大人だからこそ、毎日使う化粧品選びにも神経質になりますね。
原因やメカニズムを知り、根本から改善していきましょう。



大人になってなかなか治らない場合は、婦人科系の病気の可能性

なかなか治らないと、病気のサインの可能性があります。
つまり難治性をもたらす疾患でもっとも多いのが「多嚢胞性卵巣症候」
他にも卵巣や子宮などに疾患が生じた場合、初期の症状としてホルモンバランスの崩れから発生することがあります。
大人になってからは、婦人科系の病気も疑いましょう。
なかなか治らないときは、自分の心と体の状態を見つめ直すチャンスです。


「多嚢胞性卵巣症候」とは!?

読み方は、「多嚢胞性卵巣症候」たのうほうせいらんそうしょうこうぐん
女性の排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊を生じた病態。
多毛や声が低音になるなどの男性化兆候、あるいは肥満になりやすい傾向があります。
若い女性の排卵障害では多くみられる疾患で卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。
今すぐチェックして!大人になってからは、子宮のSOSサインかもしれません。


アゴ周りにできたら要注意!

病気が原因の場合は、アゴにできやすい。
アゴのできものがなかなか治らなかったり、膿んでしまうような場合は注意!
婦人科系疾患も疑ってみる必要があります。
顎にできる大人のできものは、婦人科系疾患のサインかもしれません。

病気が原因でできる場合は、あごやフェイスラインに集中してできます。
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下して出来やすくなるからです。
この場合は、あごの周りに出来やすいとされている。


黒っぽいのにも注意が必要!

原因は、皮脂が酸化して黒くなる。
毛穴がふさがり白く盛り上がったり、毛穴が開いて皮脂が酸化した黒いのができます。
子宮筋腫や子宮内膜症の婦人科系の病気がある人にでやすい、現れた場合は要注意。
子宮筋腫や子宮内膜症は、血行不良や血行障害を起こします。
だから、黒いのが発生しやすくなると考えられています。

大人なってからのは、婦人病のサインかも?スッキリ治しましょう。



スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。