背中にきび

背中にきびは対岸の火事ではない

大人になってからできる「背中にきび」の原因は!?
毛穴に皮脂や汚れなどが詰まることにあります。
背中にきびは、顔と違って手が届きにくく、目に付きにくい部分。
自分ではちゃんと洗っているつもりでも、洗えていないところが多い。
お風呂で体を洗うときは、キレイに洗うを意識して洗ってください。


身体の裏側には、汗を分泌する汗腺が多いです。
暑い時期には、背中から汗が出やすくなります。
そのため、しっかり洗わないと毛穴に皮脂などが詰まる。
肌荒れができやすい環境を作ってしまうので気をつけてください。



髪の長い人が特に気をつけてほしいこと。
シャンプーやリンス、トリートメントなどをすすぎで十分に流す。
洗い残しがあると、炎症になってしまうこともあります。

わざとリンスやトリートメントを残して流さない。
こんな方もいるようですが、リンスなどは髪の毛に対して良い効果。
ただし、皮膚には良いとは言えません。
シャンプーやリンスが髪に残っていると、困った原因になるかもしれません。
その成分が皮膚の毛穴につまり、にきびができてしまいます。

シャンプーが原因でできる背中にきびは、女性に多い。
男性の背中にきびの原因は、洗う際に力を入れすぎ。
ゴシゴシと背中を洗うと、皮膚が傷ついてそこから細菌が入ります。
炎症を起こして、にきびができてしますのです。
皮膚の汚れは力を入れなくても落ちるので、洗うときは気を付けて。

いったん背中にきびができてしまうと大変です。
薬の治療だけでは、治らない場合があります。
予防対策としては、肌を清潔で健康な状態に保っておくことが大切です。

保湿をしてケアをしておくことが重要です。
普通のさらっとしたタイプの化粧水をつけるだけで充分保湿できます。

市販されている薬やスキンケア用品の中から自分にあったものを選ぶ。
いい商品を見つけて、きちんとケアしておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。