誰も知らなかった背中ニキビにボディソープ

お肌の露出が多くなる季節になると、背中が気になりますね。
身体の裏側ですから、見えなくても手入れはマメにします。
毎日のお風呂タイムで気になるのがボディソープ。
背中だけでなく、脚やお尻など、よくボディソープで洗いますね。
とくに見えるところは、念入りにボディソープでケアをするでしょう。

見えない部位、普段の手入れやケアはどうですか?
自分自身の背中は、普段見えない。
ボディソープでのケアも、ついつい忘れがち。
自分ではわかりませんが、実は他の人から背中は目につきやすい。

見えないところは、放っておきがちだけど意外と見られている。
ここでは、ボディソープによるケアについてお伝えします。
海にプールと肌の露出も増えてきた。
お肌をきちんとニキビをケアして、自慢できる背中に!!
革新的なケア商品─Jewel Rain<ジュエル レイン>





1:シャワーは1日1回

背中は、何と言ってもボディソープで常に清潔にすることが大事。
とくに汗をよくかく季節は、マメにボディソープで洗います。

朝と夜の1日2回は、お風呂で背中を洗いましょう。

日中によく汗をかくと、背中の皮脂やベタつきが気になる。
こんなときは、拭き取りシートをこまめに使うのがおすすめ。
ジムに行って運動して汗をかいた場合もマメに洗います。
必ずシャワーを浴び、ボディソープを使ったりして清潔にしましょう。


2:保湿ケアのアイテムは全身同じもの

背中も保湿することは大事です。
ただし、どんな化粧品でも良いというワケではありません。

ダメなのは、香りの入った保湿化粧品。
理由は、香りを含むアイテムは油分を多く含むから。
香りがついたものを使いたい場合は、背中だけは分けて使いましょう。



3:背中はボディソープでゴシゴシ洗う

ボディソープで清潔にしよう。
多くの人は、お風呂場でブラシやスポンジでゴシゴシと洗う。
こういうアイテムには、目に見えない雑菌がある。
刺激が強くニキビの症状を悪化させてしまう懸念もある。
ボディソープで洗うときは、手を使うのがベスト。

ボディソープを使うとき、界面活性剤が含まれるボディソープは避ける。
なるべくシンプルな処方のボディソープや石けんを使うこと。

顔と同じように、こまめにピーリング効果のあるボディソープを使う。
優しいスクラブで古い角質を取りましょう。
ニキビの原因となる、塞がれている毛穴をクリアにしましょう。

4:洋服については気にしない

背中ニキビは、顔よりも治りにくい。
理由としては、常に洋服で覆われているからです。
洋服は肌にピッタリしていない通気性の良いもの。
お肌に刺激を与えない素材のものを選びましょう。

素材としては、汗の吸収力があるコットン素材がおすすめ。
本気で治したいな、ボディソープで洗うだけではありません。
洋服の素材にもこだわるようにしましょう。


背中ニキビも顔と同じように放っておくのはやめましょう。
お肌に刺激を与えすぎると、跡になってしまいます。
キレイな肌を保つためにも、ボディソープで洗いましょう。
気になったら、すぐ対処するようにしましょう。

スポンサードリンク
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »